イタリアワインインポータの日常的イタリアの楽しみ方


by deliziosa-italia

DANOI ALTRI

DANOI ALTRIは西麻布の名店ダノイ本店がコースを中心とした、ひとつの素材のよさをストレートに伝えていく料理に対して一つ一つの料理 にストレートさとは少し異なったアレンジを加えた単品を楽しめるスタイルをコンセプトに小野シェフが3年前にオープンされたお店です。
このブログでは「カジュアルに楽しめる」ということを前提に僕が担当しているレストランを紹介しているので、今回はアルトリ店さんの事を書きたいと思います。

話題が少しそれてしまいますが、僕も含め普通に仕事をしている方達がレストランに食事に
行くとき、一番気になる事はやはり値段です。最近は本格的なイタリア料理がポピュラーになり、一般的な価格の相場が一人あたり最低でも¥5,000くらいはかかる事、イメージはできると思うのですが、やはり一回の食事で¥5,000の出費は決して安くはありません。でも美味しい食事は食べたい、エスコートする素敵な女性を満足させたい、とおもうのは当然の事。最終的にその金額を支払って満足するかはサービスのクオリティーも重要なファクターになると思うのです。
アルトリのマネージャー三浦さんは僕が仕事をご一緒させていただいている方の中で本当に心のこもった素晴らしいサービスをされる方です。
「お客様に喜んでいただきたい」という気持ちが本当に素直に伝わる方で、三浦さんに勧めていただくと躊躇せずに「お願いします。」と身をゆだねてしまえるのです。
初めて行くお店でメニューをみてもその料理を具体的にイメージできない事がある場合、やはりお店の方に丁寧に説明してもらいたい、自信をもって勧めてもらいたい、というのが本音だと思います。特に女性と一緒の場合に男性が選択のイニシアチブをとると、いいところをみせたい!と余計な色気がででしまい、料理の流にれやワインとのバランスなども組み立てはじめ、選択が無限大に広がり、迷ってしまう事ってよくあると思うのです。そんなときに出来ればそういう気持ちを汲んでいただき、お店のスペシャリテなどを中心にいろいろな選択を提案してもらいながら、最終的に決める事ができれば最高だと思うのです。
三浦さんはその辺のバランスが絶妙な方で、始めてでもきっと私達が求めていることを理解し
素敵な食事の時間を提供してくれる事と思います。

今回はずいぶん話がそれてしまいましたが、それはダノイさんが名店で料理に関してはまったく説明がいらないくらい素晴らしいからこそなのです。
もうご存知かもしれませんが、ぜひ一度ダノイさんのスペシャリテ「キャベツのスパゲティー」を
食べてみてください!


DANOI ALTRI
東京都港区高輪4-7-6 高輪東武ホテル1F TEL.03-3440-4424
LUNCH AM11:30~PM14:00 DINNER PM5:30~9:30

e0070403_2362841.jpge0070403_2345129.jpg
# by deliziosa-italia | 2005-09-29 02:36 | トラットリア

BALBOA CAFE

BALBOA CAFEは下北沢南口商店街を抜け、街の雰囲気も少し静かになってくる代沢三叉路近くにあるトラットリアです。オーナの渡邊さんは業界の大、大先輩なのですが、僕が現在の会社に入社してすぐに担当させていただいたという事もあり、大変可愛がっていただいてます。渡邊さんは本当に「かっこいい大人!」という雰囲気の方で、店内も少し落とされた照明や真っ白なクロス、飾られているポスターや並べられているワインボトルすべてが意識してつくられたわけではなく、まるで映画の中で見るようなヨーロッパの少しエッジィな場所にある街のレストランといった感じで、お店にこられている方達はきっとそういう雰囲気も楽しまれているのだと思います。

食事も大変美味しく、季節ごとの旬の素材を生かした本格的なトラットリアの料理です、ワインは渡邊さん自ら丁寧に説明してくれるので、安心して相談できるとおもいます。
予算はランチで一人¥1000から、ディナーで¥5000くらいからだと思います。本当に雰囲気が素晴らしく食事も満足できる、大人がくつろげる素敵なレストランです。

BALBOA CAFE
世田谷区代沢5-19-12 カーサ関谷1F TEL.03-5486-6500
LUNCH AM11:00~PM2:00 DINNER PM6:00~PM11:00

e0070403_0431781.jpg
# by deliziosa-italia | 2005-09-28 00:44 | トラットリア

IL PENTITO

IL PENTITOは代々木にある薪窯ローマピッツァの名店です。オーナーで「ピッツェッターロ」
【ピッツァ職人】(ローマ弁)でもある生田さんは、私が現在の会社に入って間もない頃から懇意にしてくださっている、業界の中での僕の「親父さん」的な存在の方です。
生田さんが一番こだわっている「Forno a Legna」【薪窯】はローマでヴァチカン法王庁の仕事の依頼も受ける老舗パンコッティ社の職人を呼び、造らせた窯です。
その資材と店内の全ての物(テーブルからランプ、グラスにいたるまで)を30フィートのコンテナーで輸入し、今でもイタリアの港で語り草になっているといわれています。
その薪窯で焼かれたローマピッツァは薄いクリスピータイプ。メニューは生ハムやサラミとルッコラの盛り合わせ等とピッツァのみ。ワインも定番のものから、スペシャルワインまで生田さんが厳選したとてもバランスのよい素晴らしいリスト。
お店の雰囲気もすばらしく、イタリア大使館の方もよく訪れることからもわかる通り、本当にローマで食事をしているかのようです。98年のオープンからほぼ毎日満席で、いつも7時少し前になるとオープンを待ちきれないお客さんが外で待っているので一目でわかります!
予算は一人平均¥5,000位です。予約は大体2~3日前に入れたほうがよいとおもいます。

生田さんが自身のHPの中のコラム(下記参照)で始めて薪窯の中に手を入れた時の事を、
「頭の中に熱が炎のかたちを借りて分厚く渦巻いている絵が浮かびました。」
と表現されているのですが、全てにおいて妥協を許さない生田さんは本当に窯の熱と同じ位
熱く、強い気持ちを持たれている方です。こんな風に書くと怖そうですが、とても優しく素敵な
イタリアを愛する方ですよ!

そんな生田さんのお店「IL PENTITO」は一度訪れた人を必ずとりこにします!

「Non deve essere cambiato niente, Tutto come ROMA....」
すべてローマのままに....

IL PENTITO
東京都渋谷区代々木3-1-3 AXIS1F TEL.03-3320-5699
PM7:00~PM11:00 (日曜、祝日定休)

e0070403_1715324.jpg
# by deliziosa-italia | 2005-09-26 17:19 | ピッツェリア

bar & enoteca implicito

最初に紹介する恵比寿の「bar & enoteca implicito<バール&エノテカ インプリチト>は
僕がこのブログを始めるきっかけになったお店です。

最近いろいろな雑誌で「立ち飲み」のお店が特集されていますが、インプリチトはまだそんな
「立ち飲み」のお店があまり注目されていなかった1年半くらい前に、今僕が最も尊敬し、公
私共に大変お世話になっているオーナーの松永さんが、北イタリアのバールのスタイルにこ
だわり東京で表現しよう、とオープンしたお店です。
イタリアでは、必ずといってよいほど街にはいくつかの「バール」があり地域の人が生活の一
部として活用しています。もちろん夜になると音楽が大きい音で流れ、人が集まり食事の話や、服の話、カルチョ(サッカー)の話なんかをワイン片手に楽しんでいます。
勿論東京にもカフェやワインバーは星の数ほどあると思いますが、本当にイタリアンバール
のスタイルにこだわり、イタリアの雰囲気を体感できるお店は他には見あたらないでしょう。
それはイタリアを愛する松永さんの想いがお店の造り、たとえばテーブルの素材、椅子、照明
や何気なく置いてある書物にいたるまで細部にわたりイタリアの、特に北部の少しアダルトな
日常の空気にこだわられている事をお店に集まる人達も感じられているからだと思うのです。

仕事がら年に数回イタリアからワインの造り手さんが来日するのですが、夜食事を一緒にとった後、「インプリチト」へ連れて行くと、皆「すっげーいいよ」「イタリアでもここまでクラッシックなお店はない」といって喜びます。中には短い滞在中に「もう一度いこう!」という造り手さんもいました。その証拠に地下にあるワインセラーには来店した造り手さん達のサインがたくさん書かれています。

北イタリアを中心とした日替わりのグラスワインが常時15種類程ボードに書かれてあり、カウンターで自分の好みを伝えれば、マネージャーソムリエの武智さんが優しく丁寧に選んでくれるので、気軽にいろいろな地方や種類のグラスワインを楽しむ事ができます!
その他にも年代物やレアなボトルがセラーに800種類程在庫されてあるので、地下のサロンや個室でゆっくり楽しむ事もできます。
食事はありませんが、ここでしか食べることができない生ハムやサラミ、チーズなどもたくさんあります。平均予算は大体¥3,000くらいだと思いますが、もちろんエスプレッソ一杯でも大丈夫です。恵比寿近辺で食事をするのであれば食事の前や食後に立ち寄ってみてください。
「このブログを見た!」といっていただければスタッフの方達との会話もきっと盛り上がり、より
楽しんでいただけると思います!

僕達ワインのインポーターは美味しいワインを日本に紹介することが仕事なのですが、それ以上にワインを通じてイタリアの文化や、彼らの人生の楽しみ方をたくさんの人と共有したい!と皆強く思っています。
「インプリチト」はそんなことをきっと思わせてくれるお店です!

最初の紹介なので、少し長くなってしまいましたが「インプリチト」の事はまた別の機会に
いろいろお話したいとおもいます。


bar & enoteca implicito
東京都渋谷区東4-6-3 TEL.03-5774-4433
PM5:00~AM3:00

e0070403_232186.jpge0070403_2322795.jpge0070403_2325482.jpg
# by deliziosa-italia | 2005-09-25 00:03 | バール

「ブログはじめました」

皆様はじめまして。私はイタリアワインの輸入を専門でおこなっている会社に勤め、主に
都内近郊のレストランへイタリアワインをセールスする、という仕事をしています。

最近「LEON」や「UOMO」といったイタリアのライフスタイルを提案する雑誌が増えてきて
街を歩いている男性がとてもスマートになってきているのはとてもよい事だと思うのですが、
その割には雑誌でよく見る素敵な洋服を着た方達をレストランで見かける事が少ないような
気もします。もちろん仕事が忙しい事もあると思うのですが、イタリアの男性達が日々食事
やワインを素敵な女性と楽しんんでいたり、仕事帰りにバールで仲間達と盛り上がったり、
と本当に日常のライフスタイルまで理解している人達が少ないのかなーと思っていました。
そこで.............

イタリアワインやイタリア料理の楽しさ、素晴らしさをもっとたくさんの人に知ってもらいたい!

といてもたってもいられなくなり、仕事の中で出会う素敵なお店や、シェフ、スタッフの方達と
の交流を中心に、イタリアワインや料理の事などもカジュアルにわかりやすくご紹介していく
事ができればいいな、と思いブログをはじめてみました!
タイトルは「ラブ・イタリア!」初心者ですがよろしくお願いします!
# by deliziosa-italia | 2005-09-24 20:03