イタリアワインインポータの日常的イタリアの楽しみ方


by deliziosa-italia

<   2005年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

LA VINERIA

僕がまだワインの仕事を始めていなかった、20代前半の頃に初めて先輩につれていってもらった本格的なイタリアンレストランが恵比寿の老舗「イル・ボッカローネ」でした。
それまで経験した事のないイタリアの雰囲気に圧倒され、まだ将来の事を漠然としか考えていなかった自分にイタリアンレストランに携わる仕事がしたい、と強く思い始めるようになったきっかけのお店です。
今回ご紹介するラ・ヴィネリアは僕がまだいちボッカローネファンだった頃から長年マネージャーとして活躍をされ、今では多くのサービスマン達の憧れの存在である小泉さんが自身のお店としてはじめてオープンされたバール&トラットリアです。

目白駅の改札を出て左側の歩道を山手通り方面へ3分ほど進んでゆくとすぐに見つける事ができます。奥行きのある店内には約30席ほどのテーブルと個室があり、入り口を入ってすぐの場所にはバールとしても楽しむ事ができる立ち飲み(バンコ)のスペースとカウンターもあるのです。雰囲気が素晴らしく少し落とされた照明、棚に飾られた数々のワインボトル、何気なく飾られているポスターすべてが本当にイタリアで食事をしているかのような演出をしてくれるのです。
料理は現地の味付けやボリュームを再現されていて価格もとてもリーズナブル。ワインは常時1000本以上のストックがあり、小泉さんをはじめ、ソムリエの方達が選んでくれますので、気軽に相談できると思います。

予算はディナーで一人¥3,000位から¥5,000位です。

「週に一度でも、二度でも、いや毎日でも来たくなるようなお店にしたかった」という小泉さんの言葉通り、仕事帰りにふらっと立ち寄って軽い食事とワインを楽しんでいる方達でいつもお店は賑わっています。
イタリアワインが好きな人には勿論の事、イタリアワインや食事を本当に楽しみたいと思っている方に是非行っていただきたい素晴らしいお店です。

LA VINERIA
豊島区目白3-5-12 目白コアビル1F TEL.03-3565-0461
LUNCH AM11:30~PM3:00(LO) DINNER PM6:00~PM11:00(LO)
※BAR AM2:00まで

e0070403_1122524.jpg













「喧騒を忘れた穏やかなとき中世イタリアを想わせるノスタルジックな空間...
気軽にテラスやカウンターで...ソファーに身を沈めて贅沢に...」
by deliziosa-italia | 2005-10-31 11:04 | バール

ファッション・バトン

最近LOVE ITALIA!によくコメントをくださっている「イシさん」よりファッション・バトンを受け取りました。僭越ながら公開させていただきたいとおもいますので、お付き合いください。でわ......

MY FAVORITE BRANDS!! <好きなブランド>

ISAIA
服をその人の個性を伝える手段と捉える、イタリア ナポリの“ISAIA”。最先端の技術と伝統的な職人技により高いクオリティを誇り、クラシコイタリア協会に加盟していることからもその品質が証明されています。
CRUCIANI
1993年にミラノで誕生したニット ファクトリー ブランド。熟練の職人たちによって紡ぎだされたウェアは、そのクオリティの高さに定評があり、シンプルなデザインと3000色ものレシピから作られた独特の美しいカラーが特徴的。
<とにかく色がきれいです。今年はピンクのハイゲージニットを買おうとおもっています。>
RALPH LAUREN
1939年、アメリカのニューヨークに生まれる。たまにジーンズ姿で出てくる、そこら辺にいそうな愛嬌のある、まじめで気さくそうな男性。67年、贅沢な素材を用いた4インチ幅のワイドタイ「POLO(ポロ)」を発表し、大きな話題を呼ぶ。68年にメンズウェアを発表。
<前回のレオンでも特集されていましたがイタリアの人って意外と着ていますよ。>
INCOTEX
1951年からパンツのみを生産し続けるファクトリーブランド。常に素材を研究し、新技術、優れたデザインを取り入れ、豊かなクリエイティビティを追求し続ける“INCOTEX”は信念に基づいた生産を行うと共にハイテクノロジーを駆使し、1つ1つがサルトリア仕上げのような高いレベルの製品を制作しています。
<ONもOFFも毎シーズン必ず買っています。>
LUIGI BORRELLI
1957年にナポリでシャツ職人を母に持つルイジ・ボレッリがカミチェリアとして創業。現オーナーはファビオ・ボレッリ。イタリア・クラシック業界において最高レベルに位置するカミチェリア。
<シャツはもちろんの事、コットンジャケットやパンツも素敵です。>
ZINTALA
9歳から靴を作り始めた、靴職人 シルバノ・ラタンジが1971年にイタリアで創業した靴ブランドです。デザインと素材を幅広く使い、作られる靴は全工程がハンドメイド。手作りの良さを最大限に活かした製品です。
<ジンターラはブーツがかっこいいですよね。でも本当はラッタンツィがほしい......>

まだたくさんあるのですが、このへんにしておきます。

MY FAVORITE WERE!! <最近はこんな服を着ています。>

HYDROGEN FIAT
ジップアップのスウェットブルゾンなんですが、シャツの上にも着れるし、カジュアルでも着れるので、最近気に入って着ています。
BRUCE WEBER T-SHRTS
表参道で個展をやっているのを見て、懐かしくなり昔アストアロボットで売っていたウェーバーのフォトプリントTをジャケットの下に着ています。
LEVIS WHITE DENIM
昔大好きなポールウェラーがスタイルカウンシル時代に履いていたのを見てからずっと履いています。意外とイタリアの人ってリーバイス履いているんですよね。
45%AGAINST RIGHT
現在ダブルタップスのデザイナー西山さんがまだネイバーフッドのジャンクヤードの頃にデザインしていたスーパーモデルフォトプリントのブランド。カッコいいので引き出しの奥から引っ張りだして着ていました。
LUCIAN PELLAT FINET
僕が持っているのはファーストコレクションのカシミヤニットなのですが、やはりよい服は長く着れます。毎年この季節になるのを楽しみにしています。
EARNEST SEWN
ペーパーデニムの元デザイナーであり、共同創立者でもあるスコット・モリソンが2004年に設立したアーネストソーン。シルエットがかっこいいです。
PERSOL
第一次世界大戦の最中、激しい運動を要するイタリア空軍の要請を受けて誕生したブランド。
最近目が悪いのでフレームを買おうと思っています。

RESPECT!! <リスペクト>

PAUL WELLER
本当に洒落た人なんです。

e0070403_3494788.jpg


















以上です。お付き合いありがとうございました。
by deliziosa-italia | 2005-10-29 03:57 | ファッション

イベントのご案内 #3

bar & enoteca implicito今週のイベント案内です!!

今週の金曜日は通常では¥1,000で飲むことができないワインを一日限り限定で黒板に書かれている全てのワインを¥1,000均一で飲むことができるそうです!!
毎回好評の「FESTA DEI VINI!」是非お食事の後にでも立ち寄ってみてはいかがですか?
もしかしたらすごいワインが飲めるかも知れませんよ!!

e0070403_20261668.jpg

by deliziosa-italia | 2005-10-26 20:29 | イベント

BAR DEL SOLE

訳すると“太陽のバール”。お客様を太陽のようにぽかぽかと明るく迎え、なごんで頂きたい。自然の太陽の恵みをうけて育った素材や食品をおいしく届けたい。そんな気持ちからこの名前をつけたというBAR DEL SOLEは六本木芋洗い坂の本店、高輪店、赤坂店と現在都内に3店舗あります。
「朝から夜まで、それぞれの人の生活のリズムの中で、気軽に立ち寄る止まり木」。イタリア全土で16万軒あるといわれ、地域社会に密着し、イタリア人の生活には欠かせない存在のバール。デルソーレはイタリアにあるイタリア人にとってのバールではなく、日本の地域に心地よいバール・・・日本人にとっての「止まり木」となること、毎日でも立ち寄りたいと思われることを目指し日本を代表するバリスタである横山さんを初め六本木店の島内さん、赤坂店の熊谷さん、高輪店の西村さん、そして各店舗のスタッフ全員本当にバールの楽しさを伝えたい、という熱い気持ちに溢れ、いつも明るく本当に楽しそうに、サービスをされています。とにかく、楽しい!本当にその一言につきるのです。

夜の食事なら予算は一人¥3,000くらいからだと思います。

朝はカプチーノとブリオッシュ、お昼にはパニーノなど、手作りジェラートやドルチェはいつの時間でも、夕方には一杯のおいしいエスプレッソでほっと一息疲れを癒し、夜はおつまみや料理、ワインやカクテル、グラッパやサンブッカなどで楽しく仲間と過ごす。全部とは言わないまでも、是非一つは自分の生活の中に取り入れてください!きっと楽しいですよ。

日本が世界に誇るバリスタ 横山千尋
イタリアン・カフェの技術者及びジェラート職人としての日本の草分け的な存在であると同時に権威。2002年に第1回のジャパン・バリスタ・チャンピオンシップに優勝し、日本人としてWBC世界大会に初参加をはたしました。2004年3月のジャパン・バリスタ・チャンピオンシップに再度優勝し、6月に行われたWBC世界大会(イタリア)に日本代表として出場し、10位入賞。同年10月、ラテアート競技会に出場し、2位入賞。

BAR DEL SOLE 六本木店
港区六本木6-8-14 Patata六本木1F TEL.03-3401-3521
AM11:00~AM2:00(LO AM1:30) 日・祝AM11:00~PM23:00(LO PM22:30)

e0070403_19413263.jpg














BAR DEL SOLE 赤坂見附店
港区赤坂3-19-10 アパヴィラホテル赤坂見附1F TEL.03-3568-1226
AM7:00~AM2:00(LO AM1:30) 日・祝AM7:00~PM23:00(LO PM22:30)

e0070403_0303144.jpg












BAR DEL SOLE 高輪店
港区高輪4-10-18 ウイング高輪WEST 1F TEL.03-6408-2559
AM11:00~AM2:00(LO AM1:30) 日・祝AM11:00~PM23:00(LO PM22:30)

e0070403_0332617.jpg
by deliziosa-italia | 2005-10-23 19:43 | バール

BASSETT WALKER

BASSETT WALKERは僕の敬愛する先輩(兄貴)野崎さんから紹介していただいたのをきっかけに、今ではイタリアからサルトが来日し、受注会をおこなう時にうちのワインを出していただいたり、このブログで何度も紹介しているインプリチトの松永さんとBASETT WALKERディレクターの三代さんとコラボレイトして「CENTRO」というイベントをおこなったり、もちろんプライベートでは服を買ったりとなにかとお世話になっているブランドなのです。
現在東京に数あるセレクトショップとは違い、BASSETT WALKERはまだサルトという言葉が定着する前からディレクターの三代さんが「本物の洋服を伝えなきゃいけない」という熱意のもとイタリアの職人達を口説き続け、自主企画(別注)というかたちで製品化し日本へ紹介してきたのです。
ディレクターの三代さんを初め、近藤さん、大川さん、スタッフの方々皆本当に洋服は勿論の事ヨーロッパの文化(特にイタリア)を愛し、「本物を伝えていきたい」という熱い気持ちを持たれているので、ショップでお話を聞いていてもとても楽しく、時間の経つのを忘れてしまう事もしばしばです。僕はイタリアのサルトに行った事はありませんが、きっとBASSETT WALKERで買い物をする時のように本当に丁寧に接してもらい、自分の体に合った素敵で色気のある服のサジェスチョンしてもらえるのしょう。

BASSETT WALKERのブログ

秋冬も素敵な服ばかりです。
WORK 6PK PANTS & ANTONIO MATTOZZO

e0070403_240815.jpge0070403_2401548.jpg
by deliziosa-italia | 2005-10-22 02:45 | ファッション

イベントのご案内 #2

bar & enoteca implicito今週の生産者特集です。

bar & enoteca implicitoではイタリア全20州から毎月1州づつ、その州を代表する生産者のトップキュベ(代表作)をグラスで飲めるというフェアをおこなっています。
レストランではなかなかこのクラスのワインをグラスで一杯だけ飲める、という機会は少ないので、ワインが好きな方はきっと楽しめると思います。是非行ってみてください!

ARNALDO CAPRAI
中部イタリア・ウンブリア州の地場品種サグランティーノ種100%から造られるこのワインは永い樽熟成、瓶熟成を経て、個性的ですが凝縮感のあるパワフルな赤ワインとして国際的に高い評価を得ています。

e0070403_1465211.jpg

by deliziosa-italia | 2005-10-19 14:22 | イベント

CURTIS MAYFIELD "TRIPPIN'OUT"

カーティス・メイフィールドの数ある名曲の中でも最高に色っぽく、僕の会社の社長や敬愛するボスをはじめ、会社の先輩、インプリチトの松永さん、フレーゴリーのオーナとイタリア好きな大人の中でも特に骨っぽく、男気が強い人が大好きだという“TRIPPIN'OUT”は僕の尊敬するアーティストの一人ポールウェラーが好んでカーティスの曲をカバーしていたのをきっかけに聞くようになり、今でも部屋にジャケットを飾っているほど大好きな曲のひとつです。
70年代以降に表出した、その後のミュージック・シーンに絶大な影響を与えるマーヴィン・ゲイやダニー・ハザウェイとならぶソウル・レジェンドのカーティス・メイフィールドはビートの狭間を浮遊するようなファルセットヴォーカルとワウのかかったギターカッティング、そして抜群のメロディセンスとリズム感が特徴。
グラマラスなワインをゆっくり飲むような時に聞いていたいセクシーな曲です。僕とインプリチトの武智さんが大好きなLENNY KRAVIZもカーティスを敬愛し、別の曲ですがトリヴュートアルバムでカバーをしています。

CURTIS MAYFIELD
R&Bヴォーカル・グループ、インプレッションズで活動していたカーティスは、70年にアルバム『カーティス』でソロ・デビュー。当時盛り上がっていた公民権運動やヴェトナム反戦などを背景にメッセージ色の強いアルバムに仕上がった。72年には、マスターピースの呼び声の高いサウンド・トラック『スーパー・フライ』をリリース。その後も脂に乗ったカーティスの創作活動は留まることを知らず、『バック・トゥ・ザ・ワールド』(73年)、『スイート・エクソシスト』(73年)などの傑作を次々と発表。そして90年、カーティスはリハーサル中に悲劇的な事故に見舞われてしまう。結果、寝たきり生活に。再起不能とまで噂されるが、96年に『ニュー・ワールド・オーダー』で見事に復活、全音楽ファンに多大な勇気を与えた。しかし99年、突如の訃報が世界中を駆け巡る。享年57歳。(LISTEN JAPANより)

e0070403_1594565.jpg
by deliziosa-italia | 2005-10-17 02:08 | 音楽

DELIZIOSO ITALIA

恵比寿から白金に抜ける大通りを1本入った細い裏路地にあるDELIZIOSO ITALIAは、イタリアの下町にあるレストランを彷彿させる雰囲気がとても素敵なお店です。
最近男同士で食事ができるお店が少なくなってきた中、ここは男二人で食事をしていてもさまになるお店。もちろん女性をエスコートしても、きっと喜んでもらえると思います。
DELIZIOSO ITALIAは恵比寿の名店“イル・ポッカローネ”出身のオーナーとシェフがタッグを組んでオープンしたお店。一年をかけて探したという物件は駅やガーデンプレイスから近い路地裏にあり、オープンエアで開放感のある雰囲気はまさにフィレンツェの路地裏を歩いていてふと見つけた気取らないお店という感じです。イタリアで修行をされたシェフが作る料理はイタリアから輸入した薪窯で作られるピッツァや手打ちのパスタ、トスカーナの伝統的な肉料理など素材を活かす男前な料理が中心。スタッフの元気で陽気なイタリア語がに店内に響き、食事をする楽しい空気が満ちあふれています。
ワインのセレクションはトスカーナ地方を中心に絞り込み、値段もリーズナブルなので、きっと自分のお気に入りを見つける事ができると思います。

予算はランチで一人¥1000くらいから、ディナーで¥4000くらいからだと思います。

オーナを始め、シェフ、森田さん、金井さん、宮本さんと皆イタリアを愛し、イタリアで食事をする楽しさを伝える想いにあふれた「DELIZIOSO ITALIA」<イタリアを楽しむ>という店名の通り、最高に楽しい食事の時間を過ごせるお店です。

DELIZIOSO ITALIA
東京都渋谷区恵比寿4-27-17 ルピナス恵比寿1F TEL.03-3440-5510
LUNCH AM11:30~PM2:00(LO) DINNER PM6:00~PM10:30(LO)
※土曜・日曜・祝日は時間がことなるのでお店にお問い合わせ下さい。

e0070403_051331.gife0070403_0514099.jpg
by deliziosa-italia | 2005-10-17 00:54 | トラットリア
神田西口商店街を抜け、少し歩いたところにある提灯が目印の塩ホルモン好ちゃんは僕の友人岡田さんとイタリアン出身のシェフ前田さんが始めたホルモン専門店です。
今年6月にオープンしたばかりなのですが、すでにお店はいつも満席。屠殺場から直接仕入れるという和牛のホルモンは鮮度がとても高く、少し炙ったくらいのレアな状態で食べることができるのです。鮮度に徹底してこだわったお店、と神田近辺で働く肉好きの人達はもちろんの事、ホルモンを今まであまり食べたことがないという若い女性にまでその噂は広がり、最近神田ではちょっとした話題になっています。

メニューはお店のスペシャリテであるホルモン焼きの他にも等級A5の極上カルビを始め、一人一皿は必ず注文が入るという「ぷりぷり和牛のレバ刺し」や「韓国風ゆで豚とキムチ」、注文がはいってからゆで始める「枝豆」などが大人気。サイドメニューではイタリアン出身である前田さんならではの「トリッパのトマト煮込み」や「あさりとムール貝の白ワイン蒸し」、「冷製パスタ」といった女性をも満足させる内容で本当に充実しています。

最近ワインを注文されるお客様が多く、リーズナブルで美味しいシャルドネや、冷やしてごくごく飲める赤ワインをメニューに追加する予定との事。でもやはりここではキンキンに冷えた生ビールがなんといっても最高です!

お店は「海の家をイメージした」という岡田さんの言葉通り、本当に湘南で食事しているかのようです。もちろんBGMはサザンオールスターズオンリー。
そんなちょっと懐かしい80'Sな感じが気持ちをリラックスさせ、テーブルごとに「美味しい!」と連呼される声と、その度に「あざーっす!」という岡田さんの大きな声とがお店の中に響き渡り、HAPPY&PICEFULLな雰囲気を皆で共有しているという幸せな連帯感に包まれます。

予算は一人¥3,000~¥5,000くらいだとおもいます。

「人が好きで。肉が好き。だからこのお店をはじめました。」

お店の壁に大きく書かれているその言葉通りのお店「好ちゃん」は、はじめて訪れた人の携帯メモリーを必ずひとつ増やしてゆくとてもHAPPYなお店なのです。

塩ホルモン好ちゃん 神田本店
東京都千代田区内神田1-11-10 B1F TEL.03-5280-6188
PM 6:00~PM11:00(LO)

e0070403_23275672.jpg
by deliziosa-italia | 2005-10-13 23:46 | 和食、その他

ITALIA MTV TOP 5

ITALIAの音楽サイト“MTV IT”HIT LIST ITALAで現在ランキングされているTOP5です。

#1 DEPECHE MODE "PRCIOUS"
#2 EROS RAMAZZOTI "LA NOSTRA VITA"
#3 ROBBIE WILLIAMS "TRIPPING"
#4 JUANES "LA CAMISA NEGRA"
#5 BEN MOODY "EVERYTHING BURNS FEATURING ANASTASIA"


e0070403_0441148.jpge0070403_0442010.jpge0070403_0443095.jpge0070403_0452599.jpge0070403_0453594.jpg
by deliziosa-italia | 2005-10-12 01:15 | 音楽