イタリアワインインポータの日常的イタリアの楽しみ方


by deliziosa-italia

カテゴリ:トラットリア( 8 )

TRATTORIA KIORA THE FUOCO

スタンダードなイタリア料理を追及するトラットリア

麻布十番「エノテカ キオラ」や「リストランテ キオラ」で、繊細で美しい料理を創り出してきた鵜野シェフがプロデュースした、これまでとは違ったカジュアルなスタイルで楽しめるお店がキオラ・ザ・フォーコです。
店名に使われている「FUOCO」はイタリア語で“火”の意味。薪窯や蒸し焼き、炭火など“火”
を自在に使いながら素材本来のおいしさをストレートに引き出す豪快かつ繊細なイタリアの地方色豊かなメニューが中心です。
ワインも常時200種類、700本がストックされており、リーズナブルな価格のものから特別なワインまで幅広く楽しむ事ができます。

予算は一人¥5,000くらいからだと思います。

肩肘を張らずに家族や仲間たちと気軽に楽しめるカジュアルスタイルな空間とサービス、そんなトラットリアスタイルにシェフの創造性と素材への真摯な姿勢が加わったすばらしいお店
「KIORA THE FUOCO」はイタリア料理をカジュアルに楽しみたいという方に是非訪れてほしいレストランです。

KIORA THE FUOCO
東京都渋谷区恵比寿南 2-3-14 コンツェ恵比寿6F TEL.03-3715-1830
LUNCH AM11:30~PM2:30(LO) DINNER PM5:30~PM10:30(LO)
※週末や祝日は営業時間が異なりますので、お店にご確認ください。

e0070403_22338100.jpge0070403_22332576.jpg
by deliziosa-italia | 2005-11-29 22:21 | トラットリア

SORIANO

目黒駅から権之助坂を下り、目黒川を越えて山手通りとの交差点の少し手前のマンションの2階にあるソリアーノはトスカーナで研鑽をつまれた馬場シェフが名店「バッチョーネ」の後を継ぎ約1年程前にオープンされたトラットリアです。

螺旋階段をあがった席数18席程のこじんまりとした店内は白を基調とし、シンプルでとても落ち着いた雰囲気です。馬場シェフのスペシャリテはストレートなトスカーナ料理が中心。私たちに馴染みのあるポモドーロやボンゴレ、カルボナーラ、カツレツや豚のローストといった料理を奇をてらわず繊細かつ丁寧に仕上げられています。
もちろんショートパスタや鋳物鍋“ココット”を使った肉料理など、イタリア料理を食べ慣れた方でもきっと満足されるメニューも用意されています。
ワインリストはトスカーナを中心にリーズナブルでコストパフォーマンスの高いものを選ばれていて、グラスでも数種類おすすめのワインを楽しむ事ができます。

予算はコースが3,000円なので、ワインをボトルで頼んでも一人あたり5,000円~6,000円程、というコストパフォーマンスの高さは馬場シェフのイタリア料理の楽しみ方をたくさんの人に伝えたいという実直な想いが本当によく伝わってきます。

目黒という土地がらお店に来られているお客さんも大人の方が多く、ゆっくりと食事を楽しめる素晴らしいレストランです。

SORIANO
目黒区下目黒2-21-28 2F TEL.03-3493-1083
LUNCH AM11:30~PM2:00 DINNER PM6:00~AM2:00(AM0:00からは深夜メニュー)

e0070403_261692.jpg
by deliziosa-italia | 2005-11-03 03:14 | トラットリア

DELIZIOSO ITALIA

恵比寿から白金に抜ける大通りを1本入った細い裏路地にあるDELIZIOSO ITALIAは、イタリアの下町にあるレストランを彷彿させる雰囲気がとても素敵なお店です。
最近男同士で食事ができるお店が少なくなってきた中、ここは男二人で食事をしていてもさまになるお店。もちろん女性をエスコートしても、きっと喜んでもらえると思います。
DELIZIOSO ITALIAは恵比寿の名店“イル・ポッカローネ”出身のオーナーとシェフがタッグを組んでオープンしたお店。一年をかけて探したという物件は駅やガーデンプレイスから近い路地裏にあり、オープンエアで開放感のある雰囲気はまさにフィレンツェの路地裏を歩いていてふと見つけた気取らないお店という感じです。イタリアで修行をされたシェフが作る料理はイタリアから輸入した薪窯で作られるピッツァや手打ちのパスタ、トスカーナの伝統的な肉料理など素材を活かす男前な料理が中心。スタッフの元気で陽気なイタリア語がに店内に響き、食事をする楽しい空気が満ちあふれています。
ワインのセレクションはトスカーナ地方を中心に絞り込み、値段もリーズナブルなので、きっと自分のお気に入りを見つける事ができると思います。

予算はランチで一人¥1000くらいから、ディナーで¥4000くらいからだと思います。

オーナを始め、シェフ、森田さん、金井さん、宮本さんと皆イタリアを愛し、イタリアで食事をする楽しさを伝える想いにあふれた「DELIZIOSO ITALIA」<イタリアを楽しむ>という店名の通り、最高に楽しい食事の時間を過ごせるお店です。

DELIZIOSO ITALIA
東京都渋谷区恵比寿4-27-17 ルピナス恵比寿1F TEL.03-3440-5510
LUNCH AM11:30~PM2:00(LO) DINNER PM6:00~PM10:30(LO)
※土曜・日曜・祝日は時間がことなるのでお店にお問い合わせ下さい。

e0070403_051331.gife0070403_0514099.jpg
by deliziosa-italia | 2005-10-17 00:54 | トラットリア

BOCCA DI LEONE

恵比寿ガーデンプレイスから伊達坂に向かって歩いてゆき、オレンジ色の光が見えたらそこがボッカ・ディ・レオーネです。
インプリチトのオーナ松永さんに連れていっていただき、オーナの寺西さんをご紹介いただいたのがきっかけでした。今ではシェフの小池さん、シェフの弟さんでサービスに立たれているチッチョさんには僕の会社の試飲会に毎回来ていただいているほど、素敵なお付き合いをさせていただいています。

ボッカ・ディ・レオーネのスペシャリテは自慢の手打ち生パスタと、オーナーの故郷である石川県から届く新鮮な魚がメニューの中心。小池さんが自信をもって取り入れた岩手産のホロホロ鳥料理が特に評判がよく、今ではお店の人気メニューとなっています。またボッカ・ディ・レオーネではオーナーの寺西さんがずっと以前からオリーブオイルに魅せられていたことからお店を始めるにあたって、壁面に備え付けの大きな棚をつくり、大小様々なオリーブオイルのボトルを並べてあります、オリーブオイルの奥深さを体感してもらおうと、予約で試飲も行っているので、食事の前にオリーブオイルの試飲をしてみるのも楽しいと思います。

予算は一人¥5,000くらいからだとおもいます。

僕は小池さんとチッチョさんの大ファン。二人とも本当に南イタリアの伊達男のように、きさくでかっこいいんです!こういう方達と一緒に仕事ができるのはイタリア好きの僕にとって本当に仕事冥利につきます。

ボッカ・ディ・レオーネはお店はとてもカジュアルなのですが、寺西さん、チッチョさんの本当に暖かいおもてなしと小池さんの本格的な料理が楽しめる素敵なお店です。

BOCCA DI LEONE
東京都渋谷区恵比寿3-41-9-1F TEL.03-3440-3123
PM6:30~PM11:00(LO) 日・祝 PM6:30~PM10:30(LO)

e0070403_261876.jpg
by deliziosa-italia | 2005-10-09 02:10 | トラットリア

TRATTORIA TARTUCA

東横線中目黒駅を降り、山手通りを東山の方へ約10分程歩いた、一本裏の通りの閑静な住宅街の中にタルトゥーカはあります。シェフの藤澤さんがイタリアで修行をされている時に一番影響を受けたトスカーナ州にあるシエナという町のオステリアは地元の人達が楽しそうにカルチョ(サッカー)の話で盛り上がっている気軽なレストランだったそうです。
そんな地域に根差したお店を作ろうとおもい、藤澤さんがオープンされた「タルトゥーカ」は重い木の扉を開けると天井がとても高く開放感があり、しっくいの壁や何気なく置かれている調度品にイタリアへのこだわりが感じられるとても暖かい雰囲気の素敵なトラットリアです。
藤澤さんのスペシャリテは手打ちのショートパスタを始め、自家製のサルシッチャやトリッパ、ジビエや煮込み料理といった北イタリアの郷土料理。ときには「手作り感を楽しめるように」と“トルキオ”という今ではあまり使われる事のない木製の手打ちパスタの道具を使ったりもされるそうです。

ワインはイタリアンソムリエの次世代を担う一人だと評判のマネージャー相原さん(最近お互いに忙しく、あまり飲みに行く機会がなくなってしまいましたが、色々と共通の趣味を持った僕の友人です。)が北イタリアのワインを中心にリーズナブルな価格のワインから、スペシャルワインまで幅広く見事にセレクションされています。

予算はランチで¥1,000くらいから、ディナーで¥6,000くらいからだと思います。

「イタリアの食文化を伝えたい」という藤澤さんの洗練された北イタリア料理と、サービスに立たれている藤澤さんの奥様の心温まるおもてなしを受け、静かで流れるような心地よい時間がとても贅沢な大人のトラットリア「タルトゥーカ」には今日も地域の人たちを中心に人々が集い、きっと藤澤さんが影響を受けたというシエナのオステリアのように遅くまで楽しい声が響いているはずです。

TRATTORIA TARTUCA
東京都目黒区東山1-11-15 ARK2-ANNEX1F TEL.03-3792-8977
LUNCH AM11:45~PM2:00(LO) DINNER PM6:00~PM9:30(LO)

e0070403_22534448.jpg
by deliziosa-italia | 2005-10-06 22:56 | トラットリア

TANTA ROBA

TANTA ROBAは文京区茗荷谷駅にある桜並木で有名な「播磨坂」にあるトラットリアです。
僕の会社はイタリアワイン専門ですが、そのほぼ全州にわたるセレクションの中でも特に北
イタリアのワインは大変好評をいただいています。3年前ほど前に北イタリアのワインのお問い合わせをいただいて営業に伺ってからお付き合いが始まったのですが、今では営業に訪
れる度に季節毎に変わる“お勧め”を暗記して帰るほどお店のファンの一人になっています。

タンタローバのスペシャリテはピエモンテの地方料理。シェフの新田さんが修行をされていたレストランは「ランゲ」という“バローロ”、“バルバレスコ”などのイタリアを代表する銘醸ワインが造られているエリアにあります。
畑仕事を終えた生産者達が集まり、互いのワインについて情報を交換しあっている、そんな
レストランで彼らの舌を満足させ続けてきた新田さんが作る料理はクラッシックな郷土料理。
特にこれから秋、冬にかけて食材が豊富になる季節、ほほ肉の赤ワイン煮やトリッパなどをはじめ、食材の入荷によって変わるシェフのおすすめを見逃すまいと、近所に住む人はもちろんの事、遠方からもあしげにかよう人達でお店はいつも賑わっています。

予算は一人¥4,000くらいから、お昼は「ピアットウニコ」という一皿にいろいろな料理が盛り
付けられるワンプレートランチが人気です。

「うちはふだんづかいのレストランですよ」といいながらも、よい食材が入ると惜しみなく使い、お客さんを毎回驚かせてくれるシェフの新田さん。タンタローバはそんなシェフの心を感じ、幸せな気持ちになれるレストランです。

TANTA ROBA
東京都文京区小石川4-18-7 TEL.03-3815-1122
LUNCH AM11:30~PM4:00 DINNER PM6:00~PM11:00

e0070403_1125512.jpg
by deliziosa-italia | 2005-10-01 03:50 | トラットリア

DANOI ALTRI

DANOI ALTRIは西麻布の名店ダノイ本店がコースを中心とした、ひとつの素材のよさをストレートに伝えていく料理に対して一つ一つの料理 にストレートさとは少し異なったアレンジを加えた単品を楽しめるスタイルをコンセプトに小野シェフが3年前にオープンされたお店です。
このブログでは「カジュアルに楽しめる」ということを前提に僕が担当しているレストランを紹介しているので、今回はアルトリ店さんの事を書きたいと思います。

話題が少しそれてしまいますが、僕も含め普通に仕事をしている方達がレストランに食事に
行くとき、一番気になる事はやはり値段です。最近は本格的なイタリア料理がポピュラーになり、一般的な価格の相場が一人あたり最低でも¥5,000くらいはかかる事、イメージはできると思うのですが、やはり一回の食事で¥5,000の出費は決して安くはありません。でも美味しい食事は食べたい、エスコートする素敵な女性を満足させたい、とおもうのは当然の事。最終的にその金額を支払って満足するかはサービスのクオリティーも重要なファクターになると思うのです。
アルトリのマネージャー三浦さんは僕が仕事をご一緒させていただいている方の中で本当に心のこもった素晴らしいサービスをされる方です。
「お客様に喜んでいただきたい」という気持ちが本当に素直に伝わる方で、三浦さんに勧めていただくと躊躇せずに「お願いします。」と身をゆだねてしまえるのです。
初めて行くお店でメニューをみてもその料理を具体的にイメージできない事がある場合、やはりお店の方に丁寧に説明してもらいたい、自信をもって勧めてもらいたい、というのが本音だと思います。特に女性と一緒の場合に男性が選択のイニシアチブをとると、いいところをみせたい!と余計な色気がででしまい、料理の流にれやワインとのバランスなども組み立てはじめ、選択が無限大に広がり、迷ってしまう事ってよくあると思うのです。そんなときに出来ればそういう気持ちを汲んでいただき、お店のスペシャリテなどを中心にいろいろな選択を提案してもらいながら、最終的に決める事ができれば最高だと思うのです。
三浦さんはその辺のバランスが絶妙な方で、始めてでもきっと私達が求めていることを理解し
素敵な食事の時間を提供してくれる事と思います。

今回はずいぶん話がそれてしまいましたが、それはダノイさんが名店で料理に関してはまったく説明がいらないくらい素晴らしいからこそなのです。
もうご存知かもしれませんが、ぜひ一度ダノイさんのスペシャリテ「キャベツのスパゲティー」を
食べてみてください!


DANOI ALTRI
東京都港区高輪4-7-6 高輪東武ホテル1F TEL.03-3440-4424
LUNCH AM11:30~PM14:00 DINNER PM5:30~9:30

e0070403_2362841.jpge0070403_2345129.jpg
by deliziosa-italia | 2005-09-29 02:36 | トラットリア

BALBOA CAFE

BALBOA CAFEは下北沢南口商店街を抜け、街の雰囲気も少し静かになってくる代沢三叉路近くにあるトラットリアです。オーナの渡邊さんは業界の大、大先輩なのですが、僕が現在の会社に入社してすぐに担当させていただいたという事もあり、大変可愛がっていただいてます。渡邊さんは本当に「かっこいい大人!」という雰囲気の方で、店内も少し落とされた照明や真っ白なクロス、飾られているポスターや並べられているワインボトルすべてが意識してつくられたわけではなく、まるで映画の中で見るようなヨーロッパの少しエッジィな場所にある街のレストランといった感じで、お店にこられている方達はきっとそういう雰囲気も楽しまれているのだと思います。

食事も大変美味しく、季節ごとの旬の素材を生かした本格的なトラットリアの料理です、ワインは渡邊さん自ら丁寧に説明してくれるので、安心して相談できるとおもいます。
予算はランチで一人¥1000から、ディナーで¥5000くらいからだと思います。本当に雰囲気が素晴らしく食事も満足できる、大人がくつろげる素敵なレストランです。

BALBOA CAFE
世田谷区代沢5-19-12 カーサ関谷1F TEL.03-5486-6500
LUNCH AM11:00~PM2:00 DINNER PM6:00~PM11:00

e0070403_0431781.jpg
by deliziosa-italia | 2005-09-28 00:44 | トラットリア